yugo_6のハースストーンブログ

ハースストーンについてデッキの感想などを書いていきます。あとブラサバ 。

凍てつく玉座の騎士団 環境解説

f:id:yugo_6:20171022155434p:plain

こんにちはyugoです。アズールレーンが流行ってますがブラサバもどうぞ。

ずっと3桁うろうろしていて、ブログのネタを考え始めたらレジェ2桁戻せたのでブログ書きます。思考放棄ダメ、絶対。

 

※レジェンド帯の解説になります。(ASIA鯖)

10/22付

画像の切り貼りが面倒なので各デッキリストはHearthGamers、BeerBrickなどで確認お願いします。

ハースストーンデッキ検索 HearthGamers | ハースストーン/Hearthstoneにおける、強いデッキと使い方をまとめています。

HOME - BeerBrick Hearthstone

デッキ相性はこちらを参照。

Data Reaper LIVE | Vicious Syndicate

Tier1

テンポローグ、ラザカスプリースト、翡翠ドルイド

強さ、流行りも含めると個人的にはこの3つがTier1だと考えています。

苦手なデッキ相手でも手札次第では捲ることが出来るデッキです。(テンポローグはこの点に当てはまるか若干怪しいですが)

テンポローグ

・《死角からの一刺し》《SI:7諜報員》《ヴァイルスパイン・スレイヤー》といった強力なクラスカードを採用。

・《ファイアフライ》《コバルトスケルベイン》or《ビタータイドヒドラ》、《ボーンメア》などの強力な中立カードも採用。

上2つを組み合わせて盤面を取り勝ちを狙うデッキ。

 

中でも《ケレセス公爵》は特徴的。ローグは2ターン目ヒロパでも戦えるので無理なく採用できる。

また《影隠れ》でケレセスは勿論、お花やリロイといった強力なカードを再利用するリストが主流。

 

反対に《ケレセス公爵》を抜いたリストもある。

S43 #1 Legend Gyong's Aggro Rogue - BeerBrick Hearthstone

 

他に【エレメンタル】を軸としたリスト、《躯の駆り手》《ストームウォッチャー》を軸にしたリストがある。

S43 #8 Legend TFK's Tempo Rogue - BeerBrick Hearthstone

躯の駆り手型は【聖なる盾】【疾風】でプリースト側に処理にひと手間かけさせる&バーストダメージを出せるのでプリに有利らしい。らしい。

 

《怪盗紳士》や《南海の船長》などの【海賊】を採用しているため《ゴラッカ・クローラー》がたまに刺さる。

 

得意な相手

秘策メイジやズーウォーロックといったミッドレンジ系のデッキ相手なら優位に立ち回れることが多い。また翡翠ドルイド相手にも勝ち越すことが可能。

苦手な相手

進化シャーマンやラザカスプリーストなどの除去が噛み合うと厳しい。あとはアグロドルイド

 

基本的にどのデッキ相手にも戦うことが可能だが、負けることもあるデッキという印象。

f:id:yugo_6:20171022181132p:plain

ケレセス(&影隠れ)とパッチーズの組み合わせは異常。

ラザカスプリースト

・《縛鎖のラザ》&DKアンドゥインを使用した後、《預言者ヴェレン》《思念撃破》《聖なる一撃》で28点を飛ばしてくる。《光熱のエレメンタル》やコインを絡めて30点以上出してくることも。

・上のコンボを揃えるために多くのドローソースを採用している。

 

低コストの呪文を多くし《太陽の破片ライラ》→《ガジェッツアンの競売人》に変えたリストが現状多い。

S43 #3 Legend ryvius's Razakus Priest - BeerBrick Hearthstone

最近では【ドラゴン】を組み込んだリストも登場。

S43 #1 Legend Satellite's Razakus Priest (10/17 Update) - BeerBrick Hearthstone

 

得意な相手

コンボを揃える余裕があるコントロールデッキ相手に強い。テンポローグや進化シャーマン相手には除去が噛み合えば勝てる。

苦手な相手

翡翠ドルイドなど。コンボが揃う前にミニオンを育てられるときつい。逆に言えばコンボが揃えば勝つことも可能。

 

最速ラザDKは最強。

f:id:yugo_6:20171022165210p:plain

f:id:yugo_6:20171022165239p:plain

30点削り切られることもある。

翡翠ドルイド

・《翡翠の偶像》による無限のミニオン

・《拡がりゆく虫害》によるアグロ耐性。《蓮華紋》を採用してバフをかけて滅茶苦茶にしてくるリストも。

 

登場してからそろそろ1年になるので説明不要ですよね。

以前からチラホラ見かけた《精神支配技師》の採用が主流に。

S43 #1 Legend fire's Jade Druid - BeerBrick Hearthstone

 

得意な相手

コントロールデッキ。

苦手な相手

アグロドルイドやテンポローグなど。あと秘策メイジ。

 

コントロール相手には翡翠で、アグロ、テンポ相手には虫害と流行のデッキには対抗できる手段を持つ。

f:id:yugo_6:20171022165313p:plain

虫害で足止めからの精神支配技師。 

Tier2

進化シャーマン、、ズー(ミッドレンジ)ウォーロック、ビッグプリースト、エクゾディア(クエスト)メイジ

こちらもラダーでそこそこ見かけるデッキ。

十分強いが明確な弱点があったり、引き次第では簡単に負けたりするという印象です。

 

進化シャーマン

・《進化》《ドッペルギャングスター》のコンボが特徴。

・横にミニオンを展開、《進化》orDKスロール、《血の渇き》で畳みかける。

 

最近ですとプリーストを見たリソースの尽きにくいリストが上位に。

S43 #5 Legend DamDam's Evolve Shaman - BeerBrick Hearthstone

 

得意な相手

翡翠の爪》や《退化》でアグロ相手に対応可能。翡翠ドルイドにも戦えるが虫害が懸念点であり、さらに《精神支配技師》の採用でひっくり返される可能性が高くなった。

苦手な相手

ラザカスプリーストなど全体除去が豊富な相手。

 

組み合わせると強力なカードが多い分、事故もあるので手札次第では何もできないことがある。(呪文は強力だが、ミニオン1体1体のスタッツは強くない。)

 

ズー(ミッドレンジ)ウォーロック

・呪文が数枚のミニオン主体のデッキ。

・ヒロパのドローでミニオンが尽きにくく、DKグルダンの存在もありしぶとく戦える。

 

テンポローグと同じく《ケレセス公爵》を採用しているリストが主流。

S43 #6 Legend Zananananan's Zoo Warlock - BeerBrick Hearthstone

 

得意な相手

ラザカスプリースト、翡翠ドルイド

苦手な相手

テンポローグ(リストによる)

 

個人的にはTier1に置いても遜色ないと考えているが、手札から盤面に干渉しづらいのでそこが弱点。

 

ビッグプリースト

・大型ミニオンをコストを踏み倒して召喚。

・除去札を多く採用しているのでテンポデッキ相手に戦える。

 

S43 #61 Legend nsaids's Big Priest - BeerBrick Hearthstone

 

得意な相手

進化シャーマンなど横に展開するデッキ。DKアンドゥインを引けない、使うタイミングを誤るラザカスプリースト。

苦手な相手

翡翠ドルイドが思ったよりきつい。

 

手札に先にミニオンが来てしまう、《影の真髄》を引けない、5/5のバーンズが出てくる事故が存在するため安定感は若干低め。

 

エクゾディア(クエスト)メイジ

・ワンターンキルデッキ。フリーズメイジ(アイスランス)返して。

 

【凍結】【アイスブロック】で粘って《大魔術師アントニダス》《魔法使いの弟子》を並べて無限ファイアボールで勝つリストが主流。

巨人型やDKジェイナを採用した派生も登場。

S43 #61 Legend nsaids's Big Priest - BeerBrick Hearthstone

 

得意な相手

ラザカスプリースト、翡翠ドルイド

苦手な相手

テンポローグ

 

コントロール相手には強く、展開の速いデッキに弱いという相性が極端であるためラダーでは安定しない。またコンボパーツを揃えきれない、クエストを達成できない事故もある。だがレジェ帯ではそこそこ当たる。

 

Tier3

アグロドルイド、マーロックパラディン、ビッグドルイド

ラダーで最近見かけるようになってきたデッキ達。

 

Tier4

海賊ウォリアー、ミルorンゾスウォリアー、コントロールメイジ、ミラクルorマリゴスローグ、沈黙orOTKプリースト、コントロールウォーロック、秘策メイジ、ハンター

たまに当たるデッキ達。

 

最後に

翡翠ドルイド想定のマリガンをしたらアグロドルイドだったり、ラザカスプリーストがビッグプリだったりと最近ややこしくなったなと感じています。テンポローグもミラクル(マリゴス)に化けることがありますし。

 

何かありましたらコメントもしくは

yugo (@yugo_6) | Twitter

までよろしくお願いします。