yugo_6のハースストーンブログ

ハースストーンについてデッキの感想などを書いていきます

ブログで見るハースストーン-秘策メイジ-

f:id:yugo_6:20170828184839j:plain

 こんにちはyugoです。昨日ハースストーンワールドに出演した際に秘策メイジを使用したのですが、yuccoさんに凹されて悔しかったのでブログを書くことによってストレス発散をしたいと思います。

秘策メイジの強み

【秘策】を生かしたデッキとなります。現在のカードプールで存在する秘策はコントロール相手には動きを制限するものが多い一方、アグロ相手だと効果が薄いです。故にマッチアップ相性もアグロに弱くコントロールに強いデッキとなっています。

f:id:yugo_6:20170828191754p:plain

f:id:yugo_6:20170828191802p:plain

こちらが7ターン目前なのに《究極の浸食》打ってくるの反則だろ!コンシード!

となりがちですが、動きが噛み合えば翡翠ドルイド相手でもしっかり戦えるデッキなのが嬉しい点です。

デッキリスト

f:id:yugo_6:20170828191348p:plain

入れ替え候補としては《おしゃべりな本》辺りを

アグロ相手(進化シャーマンやアグロドルイド

《火山ポーション

コントロール相手

《ビタータイド・ヒドラ

などと入れ替えるといいと思います。《無貌の召喚師》も優秀です。

海賊ウォリアーを見るなら《ウォーター・エレメンタル》の採用もありです。

ただおしゃ本も《ボーンメア》の種として使用したり、空いたマナに出せたりと便利なので難しい所です。

自分は1番左のリストから《おしゃべりな本》1枚→《大魔術師アントニダス》

《鏡の住民》1枚→《スペルベンダー》1枚に変えたものを愛用してます。

1戦目 vs ミラクルローグ

f:id:yugo_6:20170828192559p:plain

 後攻なので《キリン・トアのメイジ》をキープ。秘策を探して2ターン目コインから動くことを想定します。

f:id:yugo_6:20170828192615p:plain

《魔法学者》を引いたのでプランを変更。コインは切らずに順にカードをプレイしていきます。

相手が《怪盗紳士》を出してきてもこちらのプレイは変わりませんが盤面の優位を取るのが難しくなるのでここはラッキー。

f:id:yugo_6:20170828192626p:plain

平和な滑り出し。

f:id:yugo_6:20170828192631p:plain

ここまで完璧な動き。

f:id:yugo_6:20170828192646p:plain

呪文コストを下げつつ盤面を強化してくれる《魔法使いの弟子》は便利。

f:id:yugo_6:20170828192651p:plain

《始原の秘紋》は先を見て選びましょう。

《ミラーイメージ》は《ボーンメア》に繋げられるが次の次とターンが先なので除外。

次のターンに秘策を剥がされる心配がなく《メディヴの従者》の効果を発動できる、加えて相手の動揺を狙える《蒸発》を選択しました。

f:id:yugo_6:20170828192647p:plain

秘策チェックから入りますが《呪文相殺》ではありません。

f:id:yugo_6:20170828192652p:plain

何故か爆発。《スペルベンダー》と想定して処理しきれないと判断したんですかね。

2戦目 vs 翡翠ドルイド

f:id:yugo_6:20170828192743p:plain

《おしゃべりな本》はアグロドルイド相手でも強くないので返します。《マナワーム》引いた方が強い説を主張します。

f:id:yugo_6:20170828192756p:plain

完璧な手札。

f:id:yugo_6:20170828192802p:plain

翡翠ドルイド(少なくともアグロではない)と判明。

f:id:yugo_6:20170828192805p:plain

こういう場面で《魔法使いの弟子》が輝きますね。

f:id:yugo_6:20170828192840p:plain

盤面を一気に強化できます。

f:id:yugo_6:20170828192850p:plain

《鏡の住民》が働きました。たまに《終末預言者》を踏みますが序盤に貼ったものはしょうがないですね。

f:id:yugo_6:20170828192929p:plain

ここで《魔法使いの弟子》を温存するトレードをしました。が…(虫害は元からキツイので割り切り)

f:id:yugo_6:20170828192925p:plain

《精神支配技師》の存在を忘れてました。3体になるようにトレードし、《おしゃべりな本》は出さないべきでしたね。

翡翠ドルが流行っているランク帯では警戒を怠らないようにしましょう。

f:id:yugo_6:20170828192930p:plain

 《おしゃべりな本》から手に入れた《似姿》を使用。

魔法使いの弟子がいなければ3枚のカード(似姿、魔法学者、呪文相殺)を使用できず。精神支配技師ケアのトレードをしてたらこの動きはできなかったので何が正解になるか分からないですね。

f:id:yugo_6:20170828192931p:plain

《練気》で《呪文相殺》を剥がされました。最後の1枚の手札はもしかして《究極の侵食》…?

f:id:yugo_6:20170828192938p:plain

《究極の侵食》でした()

※前のターンに《練気》で秘策を剥がされたことに対して勿体無い気分になりますが《究極の侵食》を打たせなかったと考えると非常に良い働きをしたことになります。

コピーした《魔法学者》から取ってきた《スペルベンダー》で打点を残すことができました。

f:id:yugo_6:20170828192939p:plain

《魔法学者》が生き残ってなければこのターンで決めることが出来なかったです。

振り返ると相手が《精神支配技師》で外れを引いたのが運命の分かれ道でした。

終わりに

海賊ウォリアーやアグロドルイド、マーロックパラディンといったアグロデッキ相手は厳しいデッキですが、ラザカスプリーストや翡翠ドルイド相手には十二分に戦えるデッキです。ぜひ使って見てください!

 

何かありましたらコメントもしくは

yugo (@yugo_6) | Twitter 

までよろしくお願いします。